パソコン修理業者のおすすめの選び方

パソコン修理

普段仕事やプライベートでパソコンを使っているという人も多いですが、故障で急にパソコンが起動しなかったり、起動しても動作がかなり遅くなったりすると、パソコンを修理しなければなりません。パソコンに詳しい人であれば自分でパソコンを修理することも可能ですが、素人であればなかなかパソコンを修理するのは大変なものです。でも、そんな時はパソコン修理業者にパソコンの修理を依頼するのがおすすめです。しかし、メーカーにパソコンを修理に出すとなると早くても2週間ほど、長いと1ヶ月以上かかってしまうこともあり、修理に出している期間中はパソコンを使用することができません。また、メーカーにパソコン修理を依頼した場合、ハードディスクに入っているデータが消えてしまう場合もあり、パソコンを修理に出す際には注意も必要といえるでしょう。

気軽にパソコン修理を依頼する方法とは?

一般的に、パソコンのハードディスクは3年、光学ドライブは3~4年ほどで劣化による故障が起きやすいといわれています。パソコン修理を依頼する場合は、各パソコンメーカーのサポートセンター・パソコンショップ・大型家電量販店・パソコン修理業者の主に4つのタイプの中から選ぶことができます。故障したパソコンをパソコンメーカーのサポートセンターや家電量販店で購入した場合は、保証期間内であれば無償で修理が受けられる場合も多いです。しかし、保証期限が切れてしまっている場合は有償で修理してもらうしかありません。パソコン修理はパソコンメーカーに依頼するのが最適だといえますが、保証期間を過ぎてしまうと修理代が高額になるケースも多いため、修理費用をできるだけ抑えたいという場合はパソコン専門の修理業者に修理を依頼してみるのもおすすめです。

失敗しないパソコン修理業者の選び方とは?

ハードディスクなど、酷使されているパーツの寿命というのは、だいたい3年から5年といわれています。一般的にパソコンメーカーでは各パーツの保存期間が3年程度といわれており、製造から3年を過ぎた製品の場合は修理を受け付けてくれない場合もあります。そのため、パソコンメーカーのサポートセンターで修理を依頼する場合は保証期間内の製品に限定した方がいいといえます。また、故障内容によるものの、修理するよりも新たにパソコンを購入した方が費用を安く抑えることができる場合もあるため、パソコン修理を依頼する際には、修理費用はだいたいいくらくらいかかるか見積を取ってから修理に出すのが大事といえるでしょう。その他にも、最近では格安で修理可能と謳っている業者も多いですが、見積時と実際に請求された金額が違うなどといったトラブルも多く発生しているため、パソコン修理業者を選ぶ際にも注意は必要です。