パソコン修理を依頼する際に知っておきたいこと

パソコン修理

操作に慣れていない方にとって、パソコンは未知の道具です。慣れている方でも、専門家でない限りトラブルがあった際にすぐに原因を突き止めて修理するのは、なかなか難しいことです。そんな時に頼りになるのが、パソコン修理のお店です。購入したお店やメーカーで修理してもらうケースが多いと思いますが、保証期間を過ぎれば高額な金額がかかることがあります。そんな時、修理を専門とする会社に依頼することでメーカーなどに依頼するよりも安く済むことがあります。一度症状を報告し、メーカーや修理会社に見積もりを依頼して金額を教えてもらうことで、金額に関する疑問は解消します。また先に見積もりを取ることで、修理会社が対応できる不具合なのかを知ることができます。修理会社にも得手不得手がありますので、対応できないと言われることもあります。

パソコン修理の前にデータの保護が大切

パソコンにとって最も大切なものは、データです。外側が壊れてしまった場合、お金をかければ修理ができますが、データが破損した場合、必ず復旧できるかどうかは保障されません。パソコン修理の中でも、データ復旧に関しては難しい内容になります。データを守るためにまず大切なことは、壊れたと思った時に無闇に触らないという点です。データを復旧できる理屈として、実際のデータが入っている場所と、データが入っている場所を示す郵便番号のような場所があるという点です。郵便番号が喪失しても住所にある家は残っていますが、家を取り壊し、改築してしまえば元の家には戻らないのと同じことが、パソコンのデータでも起こります。無闇に上書きをしてしまうことで、消えたと見せかけたデータが本当に消えてしまうこともありますので、できれば専門家にそのまま持っていくことをおすすめします。

パソコン修理に出す前に落ち着いて症状を確認する

データに関して心配が無いという場合、修理の依頼をする前に確認するポイントがあります。まず電源を入れても起動しない、電源が入らないという場合、時々ある話は電源に繋がっていなかったという話があります。また充電不足ということもありますので、必ず電源にコードが繋がっているのかを点検してほしいです。そんなことは当たり前という方は、逆に電源をパソコンから離して様子をみてください。充電のし過ぎという状態も熱暴走や過充電となりパソコンが動かなくなる原因になります。パソコンを起動しても青い画面によくわからない英語が出てくる場合は、英語よりもエラーコードと呼ばれる0xから始まる英数字の羅列をメモして確認をしてほしいです。最近はこのようなトラブルの対処をわかりやすくまとめたサイトもあります。パソコン修理に出す前に落ち着いて一度確認することが大切です。